Read Article

ドメインとは? 独自ドメインをとる意味とドメインの種類

ドメインとは? 独自ドメインをとる意味とドメインの種類

前回は、ブログの始め方について説明しました。

 

 

今回からはWordPressでブログを始めるにはどうしたらよいかということを紹介していきます。

初回はドメインの話です。

 

ドメイン(名)とは?

ドメインとは、当サイトでいうところのURL(http://websanbou.com/)の一部になっている

 『websanbou.com』

の部分です。

 

あまり詳しく説明しても仕方ないのですが、基礎知識として「へぇ~」といった感じでご覧ください。

まず、Wikipediaから『ドメイン名』についての説明を抜粋します。

ドメイン名
ドメイン名(ドメインめい、domain name)は、IPネットワークにおいて個々のコンピュータを識別する名称の一部。
インターネット上においてはICANNによる一元管理となっており、世界中で絶対に重複しないようになっている。
通常、IPアドレスとセットでコンピュータネットワーク上に登録される。
多くの場合、ドメイン名はその下位に1つまたは複数のホスト名を連ね、またドメイン名それ自身もホスト名である。
Domain Name Systemにより、ドメイン名を含むホスト名とIPアドレスとの変換が実行されている。

 

単にドメインといった場合、インターネット上でコンピュータやネットワークを識別する名前の体系(ドメイン名、インターネットドメイン名)のことを指します。

 

ものすごく簡単に言うと、『ドメインはインターネット上の住所のこと』です。

 

以下、補足説明をします。

詳細が不要な方は以下をとばして、次項へお進みください。

 

『ドメインはインターネット上の住所のこと』というのは、厳密には違います。

インターネット上で、コンピューター同士はIPアドレスという、「123.45.67.89」のような数字の羅列でお互いを認識しています。

ですが、数字の羅列は人間にとって扱いづらいものなので、別名としてドメイン(名)をアルファベット、数字、一部の記号の組み合わせで付けるようにしました。
(※現在では国際化ドメイン名として、各国の言語でドメインが利用できるようになっています)

 

ですから、本来は個々に割り振られたIPアドレスが住所なんですね。

しかし、IPアドレスはプロバイダと契約して固定しておかないと、たまに変更されます。

(変更期間、タイミングは契約しているプロバイダによって異なります)

話をややこしくしているのは、このIPアドレスです。

とはいえ、IPアドレスとドメインは(基本的には)紐づいているので、ドメインを『インターネット上の住所だ』と言ってもおかしくはありません。

(※動的IPアドレスはたまに変更されます。契約しているプロバイダによって変更期間、タイミングは異なります)

 

 

独自ドメインをとる意味

独自ドメインをとるとどうなるかというと、以下のようになります。

 

1. 会社、店舗独自のサイトを持てるようになります。

2. メールアドレスを持つことができます。

メールアドレスの『@』以下の部分がドメイン名になります。

当サイトでしたら、『○○○@websanbou.com』といなります。

メールサーバーを用意する必要があります

 

また、インターネット上に住所を持ったことと同じですから、世界に一つだけの存在になれるという一種の達成感(?)のようなものも得られます。

会社の立ち上げ、店舗オープンのときにそれがあると気分が違いますよね。

 

ドメインの種類はどれがいいのか

よく見かけるのは『.jp』、『.co.jp』、『.ne.jp』、『.com』、『.net』、『.biz』、『.info』、『.org』のようなところでしょうか。

 

法人にオススメ

この中で法人向けと呼べるのは、『.co.jp』です。

『.co.jp』は国内に存在する法人、もしくは6ヶ月以内に登記予定の営利法人しか取得(もしくは取得申請)が認められていません。

詳しくは割愛しますが、以上のような条件があるので、『.co.jp』についてはある程度の信頼性があります。

 

とはいえ、法人が『.co.jp』以外の他のドメインを使用すると問題があるというわけではありません。

また、『.ne.jp』も日本のネットワークサービス提供者(個人、法人)しか取得できませんので、ある程度の信頼性があると言えます。

 

他にも『.gr.jp』、『.ac.jp』、『.ed.jp』、『.go.jp』もそれぞれ法人や団体でなければならないなどの取得条件があります。

 

個人向け

日本国内の個人、団体しかとれない『jp』ドメインです。

ですので、多少信頼性が高いと言えます。

その分、料金がやや高いので要検討です。

 

あとのドメインに関しては価格は大きく変わりません。

オススメとしては『.com』、『.net』、『.org』でしょうか。

中でも『.com』は多くの法人も使用していますので、ある程度の信頼感があります。

 

ドメインの価格

新規取得の場合、キャンペーンをやっていることが多いので、少し安くなっています。

ドメインは基本的に一年契約になりますので、毎年更新料を支払わなければなりません。

ですから、更新料金も併せてご覧ください。

 

種類によって違いますが、新規取得の場合、99円~4000円くらいの新規取得料金がかかります。

一年後、更新料として、900円~4500円くらいの支払いが必要となります。

 

おおよその費用感は下記からご覧ください。(参考:お名前.com

『お名前.com』、取り扱いドメインの種類と料金

 

まとめ

次回は実際にドメインを取得するまでを紹介します。

 

 

役に立ったとき、気が向いたときに是非シェアしてください。

よろしくお願いします。

Pocket

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top