Read Article

お客さんからの紹介で新規顧客を獲得する方法【サロン集客術】

お客さんからの紹介で新規顧客を獲得する方法【サロン集客術】

 

以前、サロン集客法の一つとして、

『売上を伸ばすには既存顧客にリピートしてもらうこと』

だと述べました。

 

とはいえ、既存顧客がずっと通ってくれるわけではありませんよね。

たとえばサロンの場合、お客さんがクーポンサイトでお得な店が見つけたらそちらに行くかもしれません。

整体院や鍼灸などの治療院では、痛みがとれれば来てくれなくなる可能性が高くなりますよね。

 

いずれにせよ新規顧客の獲得が欠かせないということです。

 

新規顧客を獲得するには紹介が一番

現在、新規顧客の獲得単価は、既存顧客のそれに比べて約5~10倍になっています。

(業種によって違いますが、中には約20倍になるというところも!)

 

つまり、新しいお客さんに来てもらおうと思うと、なかなか簡単にはいかないということです。

 

とはいえ、できるだけ広告費や宣伝費はかけたくありませんよね。

そこで、既存顧客からの紹介が選択肢の一つとして挙がってきます。

今通ってくれているお客さん(既存顧客)に知人・友人を紹介してもらうわけですね。

 

既存顧客が協力してくれれば、新規顧客獲得の選択肢の中で、最も確実性が高いものになるのは間違いないでしょう。

 

紹介を得るにはどうすればよいか

では、自分のお店への紹介を得るためにはどうすればよいか。

結論から言うと、【お願いする】ことです。

 

当たり前じゃないかと思った方、今しばらくお付き合いください。

その【お願いする】方法に、ちょっとしたコツがあるんです。

 

紹介を得る具体的な方法

準備をし、手順を守ってください。

 

1.紹介カード(なければ名刺やチラシでも可)を用意しておく

紹介カードは名刺大の大きさのものがよいと思います。

財布や名刺入れに入れておけるからです。

いざ紹介しようと思ったときに、手元になければ意味がありませんからね。

 

なければ名刺やチラシでも代用できますが、やはり専用のものがあった方が便利ですね。

 

紹介カードについては、また別の記事で説明したいと思いますが、おおよそ以前紹介したチラシと似たような構成になります。

 

何ができるのか地図営業日(時間)、オファーなどをしっかり記載してください。

 

2.お客さんに質問する

「お知り合いを紹介してください」と言っても、なかなかそうしてくれないのには理由があります。

それは、具体的に誰を紹介するか、そのときに思い浮かんでいないからです。

 

ですから、

「○○さんのお知り合いで、(髪の毛の)カラーがうまく入らないと言っている方いませんか?」
「○○さんのお知り合いで、ジェルネイルの仕上がりに不満がある方いませんか?」

のように、具体的に聞いてください。

 

このお悩みとか困りごとの部分は、ご自分のサロンが得意としている分野にすると効果バツグンです。

「そういえば、友達の□□さんが…」とか「職場の△△ちゃんが言ってました」というように具体的な話になると思います。

 

3.その方を紹介してくださいとお願いする

そして、そういう話が出てきたら、

「是非、その□□さんにウチのお店を紹介してください。満足な仕上がりになるようにやらせてもらいますんで」

とお願いしてみてください。

そこで紹介カードなり、名刺なりを渡してください。

 

もちろん、お客さんが絶対に紹介してくれるというわけではありません。

しかし、漫然と「だれか紹介してください」と頼むより確率は上がるはずです。

 

4.紹介があった場合、感謝の意を伝える

実際に、紹介で新規のお客さんが来た場合、紹介してくれた人にお礼しましょう。

電話したり、ダイレクトメールを送ったりする必要はありません。

また、特別に割引など特典をつける必要もないでしょう。

 

次に来店してくれたときに、しっかりと感謝の意を伝えてください。

「○○さんの紹介で来てくださった□□さんですけど、喜んで帰っていただきました」

など結果も伝えてあげると、喜んでくれると思います。

 

紹介を得る4つのメリット

メリットは4つあります。

 

1. 大きな広告費、宣伝費がかからない

新しいポータルサイトに登録しなくてすみますし、雑誌などへの掲載費も省けます。

また、インターネット広告の費用もかかりません。

紹介カードの制作費くらいですね。

 

2. 営業時間内にできる

広告マンとの折衝や面倒なやりとりをしなくてすみます。

雑談交じりに話をして、紹介カードを渡すだけです。

 

3. 一度紹介してくれたら、何度も紹介してくれる

これは何となくおわかりいただけると思います。

自分が良いと思ったものを紹介するのが好きな人っていますよね。

そういう人は何度も紹介してくれます。

 

4. 紹介者が優良顧客の場合、新たな優良顧客になる(かも)

統計はとっていませんから聞いた話になりますが、不思議なことに優良顧客が紹介してくれる人もは、良いお客さんになってくれることが多いようです。

類は友を呼ぶということでしょうか。

 

最後に

このように方法さえわかれば、簡単に実践できます。

しかもメリットばかりなわけですから、やらない手はないですよね。

 

是非とも取り入れて活用してみてください。

 

 

よろしければこちらもご覧ください。

Pocket

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top